噛む、吠える、引っ張るなど犬と人の間で起こる問題に取り組みます。飼い主が学ぶ犬のしつけ教室ONELife&ぎふ動物行動クリニック
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 症例報告|ぎふ動物行動クリニック

症例報告|ぎふ動物行動クリニック

リードの付け替え、抱っこで唸る、噛む-1歳トイプードル

ご相談の主旨 ご家族に唸ったり咬んだり攻撃的になることに問題を感じ、ご相談いただきました。 本日お知らせいただいた内容(行動の経歴) Mちゃんは、1歳のトイプードルの女の子で、2カ月半の頃にペットショップさんから迎えたと …

犬の認知症|夜鳴き,吠え続ける-14歳柴犬

ご相談の主旨 夜を中心に吠え続けることなどの症状に問題を感じご相談いただきました。 本日お知らせいただいた内容(行動の経歴) Aちゃんは14歳の柴の男の子で、2018年の3~4月ごろから夜間吠えるようになったとのことでし …

犬の認知症|徘徊,夜鳴き,食欲の低下-MIX犬15歳

ご相談の主旨 夜を中心に吠え続けることなどの症状に問題を感じご相談いただきました。 本日お知らせいただいた内容(行動の経歴) Rちゃんは15歳のミックスの女の子で、1年半くらい前からウロウロと動き回るようになり、それに合 …

唸りながら尻尾を噛む,カラーを着けていても唸る-3歳MIX犬

ご相談の主旨 唸りながら尻尾と足を噛む行動に問題を感じ、ご相談いただきました。 本日お知らせいただいた内容(行動の経歴) 小さなころから尻尾を追って唸る行動がみられていたものの、その頻度は週に数回見る程度だったとのことで …

家族に対する攻撃行動|リードを係留するだけで唸る噛みつく,食事フードを守る-4歳MIX犬

ご相談の主旨 家族に対する唸り咬みつきに問題を感じ、ご相談いいただきました。 本日お知らせいただいた内容(行動の経歴) Rちゃんは、4歳のミックスの男の子で、友人の家で生まれ、生後35日くらいの時に家に来たとのことでした …

犬が自分のしっぽ(尻尾)を噛む【常同障害の治療法】|獣医行動診療科認定医が解説

犬の問題行動の相談で良く有る症状の一つが、しっぽを追う、しっぽを噛む、しっぽを噛みちぎるというものです。特に柴犬んに多く発生します。 これは常同障害と呼ばれる行動の疾患であることが多くあり、薬物療法を中心とした獣医学的な …

犬の認知症(痴呆)による吠え、夜鳴き、徘徊等の治療|獣医行動診療科認定医が解説

日本犬は、認知症・痴呆になりやすい 柴犬や日本犬では、犬の認知症・痴呆(高齢性認知機能不全:以下犬の認知症・痴呆と表記)の発生確率が高く、動物エムイーリサーチセンターの調べでは、高齢性認知機能不全発生頭数の48%が日本犬 …

犬の認知症・痴呆相談例|老犬になってから発症した、認知機能低下を伴う攻撃行動(唸り・噛みつき)

犬の認知症・痴呆|症例紹介 ウエルシュコーギー、雄(未去勢)、14歳5か月(初診時)、16kg(BCS:5.0) 飼い主の家族構成:父50代、母40代、姉20代(上京後不在)、妹10代後半 主訴:13歳から発生した家族に …

犬の認知症|認知機能低下-14歳柴犬雄

ご相談の主旨  家族に対する攻撃行動に問題を感じて、ご相談いただきました。 行動の経歴 基本の情報  14歳、柴犬、未去勢雄 既往歴について  特になし。  涙焼けが2~3年前から発生しているとのこと。 攻撃行動の経歴 …

犬用ガムや、価値の高い食事・餌を守って唸る・噛む

犬用ガムや、価値の高い食事・餌を守って唸る・噛むという相談症例について、ご紹介いたします。 ご相談の主旨 ガムを守る行動と、家の中で自由にすると家族に対して咬むことに問題を感じご相談いただきました。 行動の経歴 基本の情 …

1 2 »

柴犬しつけ&噛み癖研究所

犬の噛みグセ研究所

PAGETOP
Copyright © 飼い主が学ぶ犬のしつけ教室ONELife All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.