予告編



セミナー内容

本セミナーは、子犬の咬む行動について、その動機づけを分類し、咬む行動の中でどのような学習が起こっているのかを把握することで、適切な対処法を考えることのできる考え方を学ぶセミナーです。

子犬が咬むという相談を誰かにした際、「無視すればいいよ」「痛い!っていえばいいよ」「マズルをつかんでキャンと言うまでやるんだよ」などと言うアドバイスを受けたことがある方も多くいます。こうしたアドバイスは、時に有効なこともありますが、「咬む」=「無視」、「咬む」=「痛い!」、「咬む」=「マズル」のように、「咬む」という行動がどのような経緯で発生しているか精査せずにアドバイスを行うことは適切な対応とは言えません。

こうしたアドバイスはいずれも”診断せずに処方している”状況であり、問題の原因・行動が発生している文脈を明らかにせずに、なんとなく聞きかじったことのある話で対応を決めてしまっている状態です。咬むは咬むでもなぜ咬むのかを理解しなければ、適切な対応はできず、それどころか悪化させることすらあります。

本セミナーでは、適切に子犬が咬む動機づけを整理したうえで、それぞれの動機づけに対応した対処法についてレクチャーします。

セミナー詳細

講師    :奥田順之(獣医行動診療科認定医)
公開日   :2019年5月11日
再生時間  :1:04:50
視聴可能期間:購入から30日(レンタル)
価格    :3,800円(税込)
支払方法  :クレジット/Paypal

【オンライン行動カウンセリングのご案内】
当院では、獣医行動診療科認定医らによる、オンライン行動カウンセリングを実施しております。人の危険があるなど、緊急の対応の必要がある場合は、ご相談ください。詳細はこちら

【預かりによる問題行動トレーニングのご案内】
家族に対する攻撃行動など、非常に危険で、人の安全確保が難しい例をはじめとして、飼い主では手に負えない場合には、獣医行動診療科認定医監修の元、長期預かりトレーニングを行っております。詳細はこちら