噛む、吠える、引っ張るなど犬と人の間で起こる問題に取り組みます。飼い主が学ぶ犬のしつけ教室ONELife&ぎふ動物行動クリニック
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • subadmin

subadmin

家族に対する攻撃行動|リードを係留するだけで唸る噛みつく,食事フードを守る-4歳MIX犬

ご相談の主旨 家族に対する唸り咬みつきに問題を感じ、ご相談いいただきました。 本日お知らせいただいた内容(行動の経歴) Rちゃんは、4歳のミックスの男の子で、友人の家で生まれ、生後35日くらいの時に家に来たとのことでした …

犬の噛み癖の改善に、主従関係は必要か!?

「犬が噛むのは飼い主を舐めているからだ」「人がリーダーになれていないから噛まれるんだ」そんな指摘が非常におおい昨今でございます。インターネットや書籍でも多くの本にそう書かれています。でも「それって本当?」って思ったコトあ …

犬が飼い主を噛む理由とは?|獣医行動診療科認定医が解説

犬は必要があって飼い主を噛んでいる ウチの犬はなぜ飼い主を噛むのか?と疑問に思う方も多いと思います。意味もなく噛んでくるんです、突然噛んでくるですと言われる飼い主さんも多くいます。しかし、ほとんどの場合、犬は何かしらの理 …

犬が自分のしっぽ(尻尾)を噛む【常同障害の治療法】|獣医行動診療科認定医が解説

犬の問題行動の相談で良く有る症状の一つが、しっぽを追う、しっぽを噛む、しっぽを噛みちぎるというものです。特に柴犬んに多く発生します。 これは常同障害と呼ばれる行動の疾患であることが多くあり、薬物療法を中心とした獣医学的な …

【動画】犬の噛み癖、吠え、自傷行為などを治すための、行動診療とは?

ぎふ動物行動クリニックの行う行動診療に関する動画を作成しました。 行動診療ではどんなことをしているのか、なんとなくわかってもらえるような動画になっています。 犬の噛み癖、吠え、自傷行為などの問題行動にお悩みの方は、是非ご …

犬の認知症(痴呆)による吠え、夜鳴き、徘徊等の治療|獣医行動診療科認定医が解説

日本犬は、認知症・痴呆になりやすい 柴犬や日本犬では、犬の認知症・痴呆(高齢性認知機能不全:以下犬の認知症・痴呆と表記)の発生確率が高く、動物エムイーリサーチセンターの調べでは、高齢性認知機能不全発生頭数の48%が日本犬 …

犬が噛む原因|噛む目的と噛む行動の発達を考察する

噛む行動を減らすためには、噛む原因を考える必要がある ぎふ動物行動クリニック院長・獣医行動診療科認定医の奥田です。 噛む行動に悩む飼い主さんはとても多くいらっしゃいます。噛む行動を減らしたい・なくしたいと考えていても、ど …

犬の認知症・痴呆相談例|老犬になってから発症した、認知機能低下を伴う攻撃行動(唸り・噛みつき)

犬の認知症・痴呆|症例紹介 ウエルシュコーギー、雄(未去勢)、14歳5か月(初診時)、16kg(BCS:5.0) 飼い主の家族構成:父50代、母40代、姉20代(上京後不在)、妹10代後半 主訴:13歳から発生した家族に …

【WEBセミナー】犬はなぜ咬むのか 犬が咬む動機づけと対応(子犬編)|講師:奥田順之

予告編 セミナー内容 本セミナーは、子犬の咬む行動について、その動機づけを分類し、咬む行動の中でどのような学習が起こっているのかを把握することで、適切な対処法を考えることのできる考え方を学ぶセミナーです。 子犬が咬むとい …

3月第3週の子犬レッスン ボストン・Mダックス・柴・・・ 岐阜・一宮(愛知)のしつけ教室

こんにちは! 学生は春休みに突入していることもあり、レッスンには平日、お子さんを つれてご参加いただく方も増えています♪ さて、先週は33組の方と新顔さん4組が参加してくれました!     &nbsp …

« 1 2 3 14 »

柴犬しつけ&噛み癖研究所

犬の噛みグセ研究所

PAGETOP
Copyright © 飼い主が学ぶ犬のしつけ教室ONELife All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.