しつけを行う前に、重要な事の一つが犬のニーズを満たすことです。犬は元々活動的な動物ですが、現在の日本の生活では、運動不足や虚休不満になりがちです。留守番が長かったり、飼い主さんが犬との遊び方を知らなかったりします。その結果、吠えなどの問題行動に発展したり、場合によっては常同障害などの疾患につながってしまいます。

犬は、精神的・肉体的ニーズが満たされることで、心も体も健康に過ごせます。同時に精神的・肉体的ニーズを満たしてくれる人・提供できる人のことを信頼し好きになります。大切なことは、先に犬のニーズを満たすことであって、はじめから飼い主さんのニーズを満たしてもらおうとしないことです。スキンシップが少ない日本人は、犬にスキンシップを求める傾向にあると、日本人の動物観の中で石田先生が指摘していますが、撫ですぎるのは禁物です。多くの犬が撫でられ過ぎて困っていたり、問題行動につながったりしています。犬の表情を見てスキンシップを取るようにしましょうね。

犬のニーズを満たすために、以下の項目を実践していきましょう!

□ 安心して休める居場所を提供する
まずは、安心できる居場所です。常にリラックスできない状態にあるのは良くないですね。不安傾向にある犬は、飼い主さんの移動に対してもリラックスできないこともよくあります。自分の部屋(クレートやサークル)がない犬は用意してあげましょう!

□ 1日2回30分程度の散歩をする
どんな犬でも散歩は必要です。もともと犬は薄明薄盆性ですから朝と夕方に活動期が来ます。活動期には散歩で十分に運動させてあげましょう!

□ 1日1回以上トレーニングの時間を作る
トレーニングは飼い主さんとの関わりを作る大切な時間です。トレーニングは飼い主との対話ですから、しっかりと対話してコミュニケーションをはかりましょう。

□ ボールや引っ張りっこなど愛犬と一緒に遊ぶ時間を作る
多くの犬は遊び好きです。遊びでエネルギーを発散させていきましょう♪引っ張りっこやボール遊びなどをやってあげましょう。

□ 美味しいフードを用意する
フードが美味しくないと、食欲が減ってしまい、体に影響がある他、問題行動に発展すること(フードをのこすことによりフードを守るなど)もあります。しっかり食べられるフードを用意しましょう。

□ フードは知的玩具・トレーニング・遊び・散歩をしながら与える
フードはフードボウルで与えるのではなく、オモチャや遊びの中で与えて、フードを得るために頑張らせるようにしましょう。フードボウルで1分で食べてしまっては、十分な活動量を確保できません。

□ 時々一緒に自然の中や知らない場所に出かける
時々知らない場所に出かけて刺激を与えてあげるようにしましょう。特に自然の中に出かけることで、自然のエネルギーを胸いっぱいに吸ってきましょう♪

愛犬に信頼される飼い主になるために、実践していきましょう!!

【オンライン行動カウンセリングのご案内】
当院では、獣医行動診療科認定医らによる、オンライン行動カウンセリングを実施しております。人の危険があるなど、緊急の対応の必要がある場合は、ご相談ください。詳細はこちら

【預かりによる問題行動トレーニングのご案内】
家族に対する攻撃行動など、非常に危険で、人の安全確保が難しい例をはじめとして、飼い主では手に負えない場合には、獣医行動診療科認定医監修の元、長期預かりトレーニングを行っております。詳細はこちら