こんにちは!
こちらのQ&A記事では飼い主さんからよく寄せられるご相談にお答えします。

今回のご相談はこちら!

「抱っこが苦手で全然落ち着いてくれません。」
「抱っこすると飛び降りようとします。」
…などなど今回は抱っこについて回答していきます。

私が前飼っていた犬も抱っこすると固まってたな~…

【回答】(ONELife代表 奥田順之)
「抱っこされることに馴れていないということがあるのではないかと思います。

犬は初めから抱っこされるのが得意な子もいれば、苦手な子もいます。苦手なこの場合、無理に抱っこすると、拘束された、無理やり捕まえられたと感じてしまい、余計に抱っこが苦手になる場合があります。抱っこをするというよりは、はじめは、犬の方から寄ってきてもらって、膝の上にのることに馴らす方が良いと思います。

抱っこして立ち上がると落としてしまい、怪我をする、骨折をするということに発展する可能性がありますので、抱っこの練習は床に座って行ってください。

床に座った状態で、フードを用意します。あぐらをかくような姿勢になってもらい、足の間に誘導するようにしてフードを与えるようにしてください。自分から寄ってきてフードを食べるようなら続けていきましょう。

もしこの時点で、自分から寄ってきてフードを食べないようなら、警戒している可能性もあります。家に来たすぐの段階では警戒することもあるかもしれませんが、2週間~3週間しても飼い主さんのことを警戒しているようなら、何か今気づいていない要因があるかもしれませんので、直接的に専門家に相談してください。

膝の上に乗るようだったら、自分が床に寝転んで、身体の上に誘導してみたりするのもよいでしょう。
馴れてきたら、ゆっくりと腕を出し、身体を包み込むようにしてみてください。逃げるようなら警戒されています。警戒されている場合は無理に抱っこしないほうがよいでしょう。逃げないようなら、身体を包み込んでそっと数センチだけ持ち上げてすぐ下ろし、フードを与えてください。落ち着いて数センチ抱っこできるようなら、繰り返し練習することで、抱っこできるようになっていくでしょう。」

以上抱っこで悩まれている方の参考になれば幸いです。

【オンライン行動カウンセリングのご案内】
当院では、獣医行動診療科認定医らによる、オンライン行動カウンセリングを実施しております。人の危険があるなど、緊急の対応の必要がある場合は、ご相談ください。詳細はこちら

【預かりによる問題行動トレーニングのご案内】
家族に対する攻撃行動など、非常に危険で、人の安全確保が難しい例をはじめとして、飼い主では手に負えない場合には、獣医行動診療科認定医監修の元、長期預かりトレーニングを行っております。詳細はこちら