岐阜市の犬のしつけ教室

ニーナオットソンで遊ぼう!

  • HOME »
  • ニーナオットソンで遊ぼう!

ニーナオットソン知育トイとは?

iroiro犬の知育トイは、主にオヤツを取り出すという動機づけを用いて、犬に頭をつかわせる、犬向けのパズルオモチャです。犬はもともと狩猟本能が有りますが、現代の犬は、ゴハンもオヤツも簡単に食べられるので、頭をつかわなくなってしまいました。その結果、精神的な充足感を得にくくなり、犬の福祉が低下し、問題行動につながります。

最近の動物園では、環境エンリッチメントと言って、動物が出来るだけ自然な行動が出せるように、エサを隠したり、身を隠すスペースを作ったり、環境を整える取り組みが行われています。知育トイは、犬のエンリッチメント方法の一つとなります。

ニーナオットソンの知育トイは、犬の探索意欲を刺激し、犬が一生懸命楽しめる知育トイです。転がすタイプとボードゲームタイプがあります。ニーナオットソンの醍醐味はボードゲーム版です☆

知育トイはなぜ必要?

犬は人間と同じように一定量の活動が必要です。そして飼い主は愛犬に適度な活動を提供することが求められます。そうすることで、犬は、精神的ストレスをため込むことなく充実した生活を送ることができます。散歩で歩くこと・走ることはとてもよい活動ですが、身体的な活動だけでなく、頭を使う精神的な活動も必要です。犬たちが日々の生活の中でエネルギーを発散することが出来なければ、時には自分で楽しい活動を見つけてしまうかもしれません。それは家具を咬んで壊したり、靴を咬んで壊したり、場合によっては家を壊してしまうかもしれません。犬の脳を活性化させて、精神的な刺激を得るためには、森の中を探索したり、トレーニングをしたり、新しいトリックを修得したり、オヤツ探しをしたりすることが必要です。ニーナオットソンの知的トイは、犬の探索意欲を掻き立て、精神的活動の手助けをします。

季節のいい時期、天気が良いときは、屋外で遊ぶことに問題はないでしょう。しかし、真夏や、雨や雪が降っているとき、寒くて風が強いときはしんどいこともありますし、犬が危険なこともあります。そんな時、室内で活動を変えたり、面白くてシンプルで刺激的な楽しい活動を考えるのは難しいですよね。精神的な活動を作り出すことは、犬の行動欲求を把握している必要があり、一般の飼い主さんには難しいかもしれません。知的トイはそうした問題を解決するツールであり、一つの選択肢と言えます。

犬が頭と身体の両方を使って活動することがいかに重要であるかを皆が理解していれば、「問題犬」の数を大幅に減らすことができます。犬は4本の足と頭があり、そのすべてを動かす必要があるのです。犬は身体活動と精神活動が必要です。

ニーナオットソンとは?

NinaOttosson
Nina Ottosson(ニーナ・オットソン)はスウェーデン在住の犬の教育玩具発明家です。知育玩具のデビュー作が10万個を売る大ヒットを記録し、次々と商品を開発。1989年、スウェーデン発明大賞(女性部門)を受賞。現在、ペット玩具発明家として活躍し、イギリスの有名な獣医、ロジャー・マグフォードなど犬の心理学者によって推薦されてます。

どうやって手に入れるの?

ニーナオットソンの知育トイは、日本にも輸入されており、一部は一般にも市販されています。ほとんどの物は大規模に輸入されておらず、アマゾンなどの通販サイトでも品薄状態となることが多いようです。

ONELifeではニーナオットソンシリーズ全種類の輸入を行っております!
現在、実店舗のみでの販売となっておりますが、近日中に通販サイトをオープン予定です。

ニーナオットソン ドッグブリック編

ニーナオットソン ミックスマックスパズルA編

ニーナオットソン ドッグスピニー編

ニーナオットソンの歴史

ニーナオットソンは1990年以来、犬の知育トイをオリジナルデザインし開発をしています。

ニーナオットソンが提唱する哲学においては、犬は4本の肢と一つの頭脳を持ち、この五つの部分は異なる身体的かつ精神的に活動が必要であると考えています。

Nina_&_Nisse_Ville

1.ニーナオットソンのゲームやおもちゃは、あなたの犬の心と体を鍛えます。

2.問題行動を予防し、軽減するに役立ちます。

3.肥満の問題を予防し、体重軽減に役立ちます。

4.ゲームをしたり、おもちゃで遊ぶことによりあなたとあなたの犬との絆を強化することに役立ちます。

5.退屈を防ぎます。

ニーナオットソンが開発した探索意欲を刺激するインタラクティブゲームは、犬と飼い主との絆を強化しながら頭脳を刺激するように設計されています。

ニーナオットソンの知育トイの各設計には、隠されたおやつ(ご褒美)を見つけ、挑戦に飽きず、楽しめることで精神的、身体的に犬を鍛えることができます。 彼らは、すべての犬種や年齢層にあわせ、複雑さの異なるレベルを設定しました。
あなたの犬が「おバカさん」か「アルバートアインシュタイン」にもかかわらず、すべての犬に合うニーナオットソンのゲームやおもちゃが設計されております。

ニーナオットソンのトイで遊ぶ

ニーナオットソンが開発した知育トイはなぜ頭脳を鍛えることができるのか

犬も人間と同じく、毎日一定量の活動が必要とされます。 しかし、バランスよく活動することも重要です。
ニーナオットソンのおもちゃは犬が過活動や活動不足によりストレスを受けることを予防するために使用されます。散歩はとても素晴らしい運動ですが、犬にも精神的な刺激が必要です。すべての犬が日々を健康で楽しく過ごせるために時々頭を使う必要があります。また、犬種によって必要とする刺激の大きさが異なります。もし犬たちのエネルギーを正しいところで発散することができなかったら、彼らは自分で「楽しい」ことを探したりします。例えば、物を噛んだりなど、飼い主が望まないところでエネルギーを発散しようとします。それと同時に、私たちが誰かと話してる時やベンチで座っている時に、静かにそばで待つ忍耐力が彼らにも必要とされます。そのため、頭脳の訓練により、あなたの犬は、森の追跡、服従訓練、さまざまなトリックの習得、または部屋に隠したおやつやおもちゃを見つけるなどのさまざまなことができるようになります。

夏になり、雨が降っていない天気のいい日には、犬は通常より多く外で遊べることができるため、良いエネルギー発散になります。それは、犬にとって外に出て遊ぶことがより簡単で楽しいことになるからです。 しかし、秋や冬には、雨や雪が降ったり、寒くて風が強い日が多いため、犬にとって「つまらない」日が多くなります。 同時に、室内での活動する時間が増えます。そこで、面白くてシンプルな活動で犬の頭脳を刺激する楽しい運動を考えるのが難しいことです。 犬の精神的の活性化は、犬の全体的な健康にどれくらい重要であるかを飼い主さんたちがまだ十分に知られてないかもしれません。それは、飼い主さんに時間がなかったり、またはどうすればいいかが思いつくのが難しいからだと思います。 犬が頭脳と四肢の両方を使うことがいかに重要であるかを皆が理解して頂ければ、「問題犬」の数も大幅に減らすことができると思います。 ニーナオットソンが提唱する哲学においては、犬は頭脳と四肢、この五つの部分を異なった方法で動かし、使うことが大事であるということです。犬は身体的活動と精神的活動が必要です。

DogCasino_Lexus-

ニーナオットソンはなぜ犬の知育活動を促すおもちゃ&ゲームを開発しようとしたのか

ニーナオットソンの開発者(ニーナオットソン)は17年間健康管理の仕事に携わっていました。彼女の2人の子供が1989年と1990年に誕生したとき、犬に付き添う時間がほとんとありませんでした。 彼女は二匹のブーヴィエ・デ・フランドルを飼っていて、子供が生まれる前によく一緒に遊んだり、トレーニングをしていました。 子供が生まれたあと、犬たちに申し訳ないという気持ちが酷く、子供たちと共に、楽しく簡単に多様な方法で遊べると同時に犬に知育刺激を与えることができる方法を考え始めました。そして、1990年以来、ニーナオットソンは犬を精神的に刺激する犬の知育玩具やゲームをデザインし、 犬のための “トリッククイズ”を開発しました。

ニーナオットソンのおもちゃは楽しく遊べるように開発されています。屋内でも屋外でも簡単に遊べるし、犬の自然な動きや本能を念頭に置いて開発しました。1993年にニーナオットソンは会社「Zoo Active Products AB」を設立しました。犬と犬の飼い主のための知育トイやゲームのデザインと開発を始め、これらのおもちゃは知的かつ教育的な方法で犬を精神的に活性化させることができます。そのため、知育トイは非常に高く評価され、多くの国で犬や他の動物らの飼い主さんによって愛用されています。 開発された犬の知育玩具は、犬の心理学者、獣医師、犬のトレーナーおよび他の飼い主さんたちによっても推奨されています。現在も製品開発、設計、製造、販売、流通を様々な国の小売業者に提供しています。デザイナーのニーナオットソンとハンスモーリンは従業員と一緒に会社を運営しています。

DogTwister_Bizzy

知育トイがどのように犬の頭脳を刺激するのか

ほとんどの犬が好きな知育トイやゲームは、犬が隠れたおやつを見つけることによって、さまざまな方法で問題解決を行うように設計されています。例えば、ブロックを持ち上げたり、ディスクを回転させたり、ブロックを押したり、ブロックを何かの中に入れたりすることができます。これらのゲームの目的は、飼い主が自宅で楽しい方法で簡単に犬を頭脳を活性化させることができることです。ゲームでトレーニングしている間、犬と飼い主との間の絆が深まり、関係を強化する機会を得ることができます。 同時に、座ったり、伏せたり、待ったりするなど、楽しい時間と褒められる瞬間に、日常的に必要とされるコマンドを学習するプロセスを組むこともできます。

ニーナオットソンの知育トイを使って、犬やペットたちに私たちが望むことを学習させる

野生動物は食べ物を得るために狩りをするときに自然に精神的刺激を受け、精神的に活性化しています。ニーナオットソンの知育トイは犬の自然な動きや本能に合わせ、ゲームをする時に野外で狩りをしているように精神的刺激が受けられるように開発しました。頭を使ってトリックを解けないと、犬は食べ物やおやつを簡単に手に入れることができないように設計されております。 犬に異なる行動や動きを教えるときにご褒美を与えることが、犬にとって原動力になっています。 犬種や個体差により、新しい物事に興味を示す犬がいれば、興味を示さない子もいます。また、望まれた行動をとったとき、おもちゃで遊べることがご褒美になる犬がいれば、おいしいおやつがもらえることで新しいことを素早く学習できる犬がいます。また、多くの犬にとって、飼い主と抱き合うことが一番のご褒美になりますので、褒めることがとても大事だということを忘れないでほしいです。また、匂いを嗅がせて、狩りをしているみたいにボールなどを捜せるなど、様々な方法で精神的に活性化させることができます。しかし、その中にご褒美を使ってもなかなか望まれた行動をとらない少数の犬がいます。

そして、報酬のいくつかを組み合わせることで、犬が興味を示してくれる確率を高めることができます。 ニーナオットソンの知育トイは主に生き物の本能である--食べるということをご褒美として使い、設計されたのです。それから犬が隠したおやつを見つけると褒めることで、もっとゲームに対して関心を高めることになります。そのため、ニーナオットソンの知育トイは犬種、年齢などに関係なく、ほとんどの犬がゲームに興味を持ち、ゲームを使用することにより頭脳が活性化されるということです。

DogWorker_Bizzy

知力、行動力または遺伝の力

犬も私たち人間のように知的レベルが異なります。ニーナオットソンは、自分の犬のために設計したトイを別の犬でテストした時により多くの犬が楽しめるように、ゲームの難易度が異なるように設計する必要があることに気づいたのです。さらに、狩りの本能が遺伝に残っている犬にとって「取って来い」ゲームは、ほかの犬より速く学習することができることがわかったのです。すべての犬は、ニーナオットソンの知育トイで遊ぶ様々なゲームを楽しむし、新しいことをチャレンジすることに関心を持つようになります。犬も人間のように、シンプルで簡単なゲームに満足する犬もいれば、次々と困難にチャレンジすることが楽しく感じる犬もいます。人間がクロスワードパズルをやるのと同様、単純なものに満足する人もいれば、難しいのがいいと思う人もいます。飼い主が、もしかしたら犬がゲームに疲れているか飽きているのではないかと疑問に思うことがあると思いますが、ニーナオットソンは自分が開発したゲームは犬にとっては人間がモノポリーで遊んでいるようで、遊び方を知ってても、それがそれでとても楽しいため、犬が知育トイでゲームをすることにも当てると考えています。

パピーから始めるのが最適

ニーナオットソンの知育トイは約10週齢の子犬の時から始めることをお勧めします。ニーナオットソンが自分たちの犬で始めた時期とも言われています。また、シンプルで簡単なゲームから始めることが非常に大事で、最初は長くても10分で終わりにします。また、子犬と一緒に遊ぶこと、こまめに褒めることが大事です。そして、「NO」のような否定的な言葉を使わないことも重要です。ニーナオットソンは自分の犬をこのような知育トイを使って「お座り」「待て」などのコマンドを楽しく遊びながら覚えさせたと言います。

SONY DSC

怪我した犬やシニア犬にも有効

ニーナオットソンの知育トイは怪我した犬やシニア犬のケアにも優れています。 ニーナオットソンは自分が開発したゲームで、腰や関節がダメージを受け、歩けなくなった高齢犬と多く遊んだ経験があります。ニーナオットソンはゲームのテストで毎日彼らと一緒にゲームをしていたため、彼らはシニア犬にもかかわらず、とても鋭かったと彼女は言います。また、彼らの最後の時期が私の開発したゲームで豊かになったと確信しているとニーナオットソンは言ってました。ニーナオットソンは自分の犬が怪我した時に椅子にゲームを置いて、怪我した肢ではなく鼻で遊ぶように教えたのです。また、怪我した犬は数週間も安静しないといけない場合が多いため、発散すべきエネルギーが溜まりやすい状況になります。この時、知育トイを使い頭脳を刺激することにより、精神的に刺激を受けることでエネルギーを消耗することができるため、とても役に立つゲームです。また、食べない犬にも最適です。多くの犬はフードをおやつの代わりにおもちゃに入れられるともっと食べるようになります。

保護犬が自信を持つようになり、新しい家族との絆が深まる

ニーナオットソンは、さまざまな理由で新しい家族にもらわれた犬たちに出会ったことがあります。彼女の話によると、彼らは様々な衝撃により最初はあまり新しい物事に興味を示さなかったようです。新しい家族が最も簡単なゲームを試しに始めたとき、犬はなにをすべきかが理解できず、または怯えて行動しない犬が多かったです。それは、彼らは子供のときから好奇心や探究心が刺激されておらず、行動することにより褒められたことが少なかったため、新しいものを試してみたいと思わないようです。しかし、一定の時間が経過すると、犬が何をすべきかを理解し始め、行動を起こすことでご褒美がもらえるから自信が高まり、成功したときの喜びが次々と新しいことを挑戦することに繋がります。飼い主による多くの賞賛や励ましが自信になり、新しい家族との間に信頼関係が生まれ、絆がますます深まり、いつかはレベルが高いゲームにも対応できるようになります。

犬と一緒にゲームをすること

ニーナオットソンの知育トイで遊ぶときは常に犬と一緒に遊ぶこと、または監督下で行う必要があります。初めて使用するときは、小さなおやつをたくさん隠しておき、正しいことをしたら犬をたくさん励まして褒めてあげることが大事です。もし犬がおもちゃを噛んだりしようとすると慎重に向きを変えてたり、持ち上げたりすることをおすすめします。そして、犬が落ち着いてからもう一度やり直すことです。

MixMax_B&C_w_GD_Nina

レベルアップ

ニーナオットソンに設計されたほとんどのゲームは、特定の部分を固定しおやつを隠している空間をブロックすることによって、ゲームをより困難に設定することができます。これらは、犬がゲームの仕組みを理解したあとに行うべきで、初めから難しいゲームを使わないことが大事です。ゲームの仕組みを理解させるために犬に時間を与えなければなりません。ほとんどの犬は、おやつを見つけるために積極的に行動を起こすようになります。このとき、コマンドで指示することによりコマンドを素早く学習することができます。これらのゲームで遊ぶことで犬と飼い主の間のコミュニケーションを促し、楽しみながら、理解を深まることにつながります。

素材はなぜ木材とプラスチックを使うのか

ニーナオットソンの知育トイは、木材とプラスチックの二種類の材料で作られています。 環境にやさしい木材は自然な本物の重厚なデザインで作っているが、犬が興奮して荒れてしまう傾向があります。プラスチックは、カラフルで安定した、掃除しやすくデザインされています。また、ゲームに付いたよだれを掃除しやすいし、ウェットフードも使うことができます。プラスチック製のおもちゃを使って「ワンワンアイスクリーム」を作ることも可能です。「ワンワンアイスクリーム」とは、水とお肉やドッグフードを混ぜて、冷凍すると出来上がります。暑い日には最適なおやつです。これらを飼い主の監督下で使用することをおすすめします。

ニーナオットソンの犬

ゲームは、犬とその飼い主両方にとって楽しいものであるとニーナオットソンは言います。
ニーナオットソンは犬がゲームで楽しく遊べることが大好きだそうです。 彼女はずっとブーヴィエ・デ・フランドル(彼女の好きな犬種)を飼っていまして、今はオスのブーヴィエであるニーセを飼っています。彼は最もスマートなブーヴィエではないかもしれませんが、とても穏やかで、集中力があり、とても元気な子だそうです。ほかに、小さなエルサ、ミックスプードル、パピリオンも飼っています。 彼らはほとんどのゲームが好きで、プラスチック製のゲームで作る「ワンワンアイスクリーム」が彼らの大好物です。 時々彼らはおもちゃを取る出すまで冷凍庫のそばで待つそうです。 彼女が会社で働いているときに隣でピラミッドで遊ぶのが好きで、これは彼女にとっても最高に嬉しいことです。

Nina_&_hundar-

新しい製品の開発は、コンピュータなどでではなく、犬に教われ、犬のために開発する

ニーナオットソンはいつも新しいアイデアに取り組んで製品を開発をしています! 今もいくつかの新しい知育トイを開発しています。彼女は常にクリスマスの時期の頃に新製品をリリースしようとしています。そうすると、自分の犬たちに毎年のクリスマスプレゼントとして新しいゲームをあげることができるからです。彼らは彼女の発展を助けて、彼女は彼らのことを本当に愛しているといつも言います。 また、新しい製品を他の犬とその飼い主がどのように考えているかをみるのもとても楽しみだが、少し怖いようです。

商品開発に協力してくれる犬たち

ニーナオットソンは常に自分の犬で新しいゲームを最初にテストし、試しています。 それがうまくいけば、第二段階のテストを異なる犬たちで行います。これらの犬は、異なるタイプや特性を持ち、サイズと年齢も異なります。もちろん自分の犬に試すテストと同じことを彼らともやります。彼らはニーナオットソンのことを、おそらくポケットの中にたくさんのおやつが入った楽しくゲームで遊んでくれる「遊びと食べ物のママ」と思っていると彼女が言います。また、彼女の犬たちも、彼女のことを楽しくて面白いものを担当していると思っているそうです。それは、彼らは仕事中でも外出先にも、いつも彼女のそばに付き添っているからです。また、もし彼女が彼らを家に少しの間留守させると、彼らが彼女に永遠に捨てられたと思うだろうと彼女は言います。 彼らはおそらく、ニーナオットソンのことを、頑固で元気、奇妙で衝動的、動物の恋人、冒険的で、働き過ぎ、森の中を歩くのを好きで、彼らにいつも違った奇妙な楽しいトリックを教えるかなり好かれている飼い主だと思われていると楽しく言います!

どのようなペットや動物がニーナオットソンの知育トイやゲームを使うことができるのか

ほとんどすべてのゲームは、あらゆるサイズの犬、猫、オウム、ウサギ、フェレット、ミニブタ、サル、キツネザル、イグアナ、ワイルドキャットなど、その他の動物にも使用することができます。超小型犬や猫の場合、ゲームのブロックを変えたりすることができます。 それ以外の動物にとって、サイズはほとんど問題ありません。 飼い主は犬に様々な制限をすることが多すぎることがあります。 彼女は、犬や猫、猿、フェレット、イグアナなどあらゆるサイズや年齢のすべての動物を相手にテストをしました。そこで犬は隠されたおやつを見つけるために一番活発に行動を起こしたことが分かりました。彼女の話によると犬の75%が「食いしん坊」であるそうです。そのため、ニーナオットソンの知育トイは犬の頭脳の活性化に最適なゲームであると言えるでしょう。

DogTornado_&_cat

ニーナオットソンの会社と商標

ニーナオットソンはデザイナーであり、スウェーデンので「Zoo Active Products AB」という会社を設立し、そこで扱っているすべての製品を開発しています。商標は「ニーナオットソン」にしました。 現在は多くの国で商品を販売していますが、最初はスカンジナビアにでのみ販売していました。 木製のおもちゃはスウェーデンで作られており、プラスチック製のおもちゃは主に中国で製造されています。 彼女は環境を配慮し、犬たちや飼い主の健康のため製品の品質にとてもこだわります。そのため、安心で安全に使えるニーナオットソンの知育トイをおすすめします。

Nina_Ottosson_brandt

ニーナオットソンのすべての製品は、「EUコミュニティ」に登録し、デザインの製造及び所有権が守られています。

すべての犬が飼い主と共にニーナオットソンの知育トイで楽しく遊べることを心から期待しております。

お気軽にお問い合わせください TEL 058-214-3442 受付時間:水~日 9:00‐18:00

PAGETOP
Copyright © ONE Life~犬のしつけ教室&雑貨屋~ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.