犬の行動修正(訓練)における体罰の問題。
体罰は是か非かという論争は、2018年ごろより、SNSを中心に大きく取り沙汰されました。
本セミナーの講師、獣医行動診療科認定医の奥田も、所属する日本獣医動物行動研究会から「体罰に関する声明文」を発表するなど、体罰問題の渦中にいました。
多くの人が、訓練として行われる体罰を肯定しないでしょう。
私も当然その立場です。肯定すべきではない。
しかし、「体罰は必要だ」と考えている人もいます。
奥田自身、そうした皆さんとSNS上でやり取りさせていただいたこともあります。
そのやり取りの中、決して優しい言葉ばかりではありませんでしたが、多くのことを学ばせていただきました。行動治療の実践の現場だけでは学べない考え方・飼い主さんの感じ方もありました。
少なくとも、「体罰は必要だ、不要だ」という事の前に、「この犬と飼い主さんを助けたい」という強い思いは、体罰の要不要を超えて、共有していると感じました。
では、なぜすれ違うのか、一歩引いて考えたことはあるでしょうか?
「体罰なんて信じられない!」
そこで、思考を停止していないでしょうか。
奥田自身、この問題について、ずっと考え続けてきました。そして、考えることで、得られるものも多かったと思います。「反対して終わり」という問題ではないと思います。必要だと感じる意味、不要だ主張する意味を咬み砕くことで、本質的な理解に近づくはずです。
体罰問題の発端から3年が経過した今、振り返り、消化していく状況は整っているのではないかと思い、今回のセミナーを企画しました。
【セミナー内容】
・体罰問題の経緯
・罰の有害作用とは
・人道的な支援とは
・正の罰と消去バースト
・生態学/関係学から見た体罰の作用、副作用
・見落としていること
・サイバーカスケードと体罰問題
・有益な支援をするために
もやもやが残っている皆さんと一緒に、この問題を消化し、自分たちの考え方をブラッシュアップし、しっかりと飼い主さんと犬たちに寄り添える人になるために、この総括を行います。お試し期間は無料でご視聴できます。是非ご参加ください。
────────────────────────
<シリーズタイトル>
問題行動解決塾・理論編
<講師>
奥田順之獣医師
・獣医行動診療科認定医
・ぎふ動物行動クリニック院長
・鹿児島大学獣医学部講師(動物行動学)
<公開>
会員限定
<配信スケジュール>
隔月開催。
日時は決まり次第メール、SNS等でお伝えします。
<アーカイブ配信>
あり
<参加登録フォーム>
ご視聴はこちらからお申し込みください。
https://congrant.com/project/tomoiki/1521
<過去のセミナー視聴>
会員登録で、過去のセミナーも視聴できます。
https://tomo-iki.jp/info-cat/mondai
────────────────────────
<人と動物の共生大学とは>
動物のために何かしたい…あなたに。
人と動物の共生大学は、人と動物の共生のために「何かしたい」と思っている人が、その「何か」に出会える場を目指しています。
「問題行動解決ゼミ(理論編・症例編)」「動物幸福論ゼミ」「ペット後見ゼミ」など、人と動物の共生を創るためのオンラインセミナー&ワークショップを開催しています。
● 人と動物の共生に向けて何かしたいけど、何から始めたらいいのか…
● 高齢者でも最後まで飼える社会にしたいけど、どうしたら…
● 飼い主に適正飼育の方法を伝えたいけど、どう伝えたらいいのだろう…
● ペット防災を地域で広めたい、何かヒントはないだろうか…
そんな思いを持っている方が、講師の話を聴き、メンバーと出会い、対話を通して、「自分にもできることがある!」「私はこれに取り組もう!」と感じてもらえる場にしたいと考えています。
<開催方法>
Facebookグループ(会員限定コンテンツのライブ配信やアーカイブ、ディスカッション)、ZOOM、YouTubeライブ等。
これらのイベントへのご参加方法はメールやSNSでお伝えします。
<参加費>
・一般 1,980円(月額)
・保護団体・NPO 980円(月額)
※最大35日間の無料お試し期間があります。
<申込方法>
人と動物の共生大学(ONELifeチャンネル)お申し込みページから会員登録をお願いいたします。
https://congrant.com/project/tomoiki/1521
<主催・問い合わせ先>
認定NPO法人 人と動物の共生センター
info@tomo-iki.jp
058-214-3442
担当:鈴木
【オンライン行動カウンセリングのご案内】
当院では、獣医行動診療科認定医らによる、オンライン行動カウンセリングを実施しております。人の危険があるなど、緊急の対応の必要がある場合は、ご相談ください。詳細はこちら

【預かりによる問題行動トレーニングのご案内】
家族に対する攻撃行動など、非常に危険で、人の安全確保が難しい例をはじめとして、飼い主では手に負えない場合には、獣医行動診療科認定医監修の元、長期預かりトレーニングを行っております。詳細はこちら