犬の攻撃行動は、問題行動の中で最も相談が多く、且つ、人の生命・安全に直接的な被害をもたらします。犬の攻撃行動は人に恐怖を与えます。その恐怖は人の自由を奪い、時に生活を破綻させます。
中でも、最も攻撃行動の相談が多いのが、柴犬です。柴犬は葛藤状態に陥った場合に、葛藤をうまく処理できず、様々な表現型の葛藤行動を生じることがよくあります。葛藤をうまく処理できないことが、尾追いや、攻撃行動につながります。
ぎふ動物行動クリニックにおいても、柴犬の攻撃行動の新規相談はの日々寄せられています。中には、世話すること、近づくことができなくなり、一時的にクリニックで預からざるを得ない状態になる症例もあります。
攻撃行動の改善については、一般には理解がされていない部分も多くあるでしょう。
攻撃行動に対する行動修正法といっても、イメージがつきにくいかもしれません。
診察の中でも、攻撃行動の改善で、トレーニングを中心に行うべき症例は一部であり、むしろ、生活環境や生活習慣、日々の接し方等が強く影響している場合のほうが多くあります。
また、過度な不安・緊張・葛藤を伴う攻撃行動では、薬物療法を併用する場合がよくありますが、一般には、どのような薬が用いられ、どのような改善が得られるのかは、知られていないことが多いでしょう。
今回の、問題行動解決塾‐症例編‐では、柴犬の攻撃行動の症例を取り上げ、その改善の詳細について検討してきます。
セミナー内容
・攻撃行動とは
・症例紹介(柴犬・6歳・オス)
・攻撃行動の詳細
食事を守る攻撃行動
接触に対する攻撃行動
・どのような行動修正法を行ったか
・どのような薬物療法を行ったか
・経過
・考察
・ディスカッション/質疑応答
ご視聴はこちらからお申し込みください。
https://congrant.com/project/tomoiki/1521
────────────────────────
<シリーズタイトル>
問題行動解決塾・症例編
<シリーズ説明>
年間150症例が新規相談に訪れる、ぎふ動物行動クリニックの2人の獣医師による、問題行動の症例検討です。問題行動解決の最前線で活動する、診療経験に裏打ちされた2人のディスカッションから、問題行動解決へのヒントを探りましょう。
<講師>
鵜海敦士獣医師
・ぎふ動物行動クリニック
奥田順之獣医師
・獣医行動診療科認定医
・ぎふ動物行動クリニック院長
・鹿児島大学獣医学部講師(動物行動学)
<対象者>
・動物福祉・関係学を学びたい人
・動物に関わる職業についている人
・動物に関わるボランティア活動をしている人
<公開>
会員限定
<配信スケジュール>
毎月1回開催。
日時は決まり次第メール、SNS等でお伝えします。
<アーカイブ配信>
あり
ご視聴はこちらからお申し込みください。
https://congrant.com/project/tomoiki/1521
────────────────────────
<概要>
ONELifeチャンネルは、犬のしつけ/動物行動/動物福祉などのテーマを気軽に学べる、会員制オンラインセミナー配信プラットフォームです。
月々1,980円の会費で、「問題行動解決塾(理論編・症例編)」「動物幸福論-共生・福祉・倫理の観点から-」「パピークラス|ONLINE」「犬のしつけ&行動学なんでも相談ラジオ」他、各種WEBセミナーを受講することができます。
実際の配信内容は、こちらからご確認ください(https://tomo-iki.jp/onelife-CH
録画配信あり、繰り返し視聴できます
動物に関わるプロ。ボランティアの方向け
<開催方法>
ZOOM、YouTubeライブ
アクセス情報はメールや会員専用サイトでお伝えします。
<参加費>
・一般 1,980円(月額)
・保護団体・NPO 980円(月額)
※最大35日間の無料お試し期間があります。
<申込方法>
ONELifeチャンネル申込フォームから会員登録をお願いいたします。
https://congrant.com/project/tomoiki/1521
<主催・問い合わせ先>
認定NPO法人 人と動物の共生センター
info@tomo-iki.jp
058-214-3442
担当:鈴木
【オンライン行動カウンセリングのご案内】
当院では、獣医行動診療科認定医らによる、オンライン行動カウンセリングを実施しております。人の危険があるなど、緊急の対応の必要がある場合は、ご相談ください。詳細はこちら

【預かりによる問題行動トレーニングのご案内】
家族に対する攻撃行動など、非常に危険で、人の安全確保が難しい例をはじめとして、飼い主では手に負えない場合には、獣医行動診療科認定医監修の元、長期預かりトレーニングを行っております。詳細はこちら