多くのファンを抱える競馬。公的賭博を支えるために、年間9000頭の馬が生産され、天寿を全うできる馬は1%とも。本来、群れで暮らし、自由に草を食べる馬が、1日の大半を馬舎で過ごし、調教やレースのストレスに曝され、6-8割の馬が胃潰瘍を患っていると言われています。
「残酷だから、競馬を止めよう…」
とはならないのは、ご承知のとおり。
競馬を楽しみにしている人、競馬で生業をしている人、多くの人が関わってできている文化。必要としている多くの人たちがいます。
三重県の多度大社の上げ馬神事は、800年続く伝統文化。馬が壁のような坂を駆け上る姿に観光客は熱狂する半面、馬を過剰に刺激する方法や、危険な坂登り、馬を扱う経験の少ない少年による騎乗など、動物の取り扱い面の問題から変化を迫られています。
新潟県の山古志闘牛は、国の無形文化財。闘牛をすれば、牛たちは傷つきます。動物同士を闘わせる野蛮な風習と見ることもできます。しかし、同時に、牛主たちが牛たちを家族のように大切に扱っている事がよく報道され、その姿に共感する人も少なくないと思います。闘牛だけでなく、牛たちを大切にすることこそが文化の中心なのかもしれません。
一方、スペインの伝統的な闘牛は、闘牛士が剣で牛を刺し、最終的に牛を殺します。バルセロナなど一部の地域で禁止される法律ができた一方、最高裁判所では「禁止は違憲」の判断がなされています。
スペインの闘牛は残酷だけど、山古志はOKでしょ?
闘牛は許容できても、闘犬は許容できない?
競馬なら闘っていないからOK?
今回の勉強会では、このような人間の文化としての動物利用に、私たちはどう向き合えばよいか、一人一人が自分の考え方を持つ機会にできればと考えています。是非、ふるってご参加ください。
※本シリーズのアーカイブ配信はライブ配信後2週間の期間限定です。
<ご視聴方法>
ONELifeチャンネル申込フォームから会員登録をお願いいたします。
https://congrant.com/project/tomoiki/1521
────────────────────────
<シリーズタイトル>
動物幸福論
<シリーズ説明>
元京都大学霊長類研究所准教授で、動物の認知心理学、動物福祉の専門家として、東山動物園の再生プランに取り組む上野吉一先生。
年間120症例以上、人と犬猫の間で起こる問題行動を診察するぎふ動物行動クリニック院長で、獣医行動診療科認定医の奥田順之先生。
2人が紐解く、セミナーシリーズ『動物幸福論』。
人と動物が共に暮らしていく上で、私たちが考えなければならない動物の福祉、倫理、関係、そして共生。それらの概念を用いて、人と動物とが共に暮らす世界で、私たち一人一人がが動物をどう捉え、どう接していくのか。その先に、現場レベルにどう落とし込んでいくのか。
正解のない問いに対して、「正解」ではなく「考え方」や「判断軸」を共に考える勉強会です。
<講師>
上野吉一先生(話し手)
・東山動植物園企画官
・元京都大学霊長類研究所准教授
奥田順之先生(聞き手)
・NPO法人人と動物の共生センター理事長
・獣医行動診療科認定医
<対象者>
・動物福祉・関係学を学びたい人
・動物に関わる職業についている人
・動物に関わるボランティア活動をしている人
<公開>
会員限定
<配信スケジュール>
毎月1回開催。
日時は決まり次第メール、SNS等でお伝えします(概ね月の後半の土曜日です)。
<アーカイブ配信>
あり(ライブ配信後2週間限定)
<ご視聴方法>
ONELifeチャンネル申込フォームから会員登録をお願いいたします。
https://congrant.com/project/tomoiki/1521
────────────────────────
ONELifeチャンネルは、犬のしつけ/動物行動/動物福祉などのテーマを気軽に学べる、会員制オンラインセミナー配信プラットフォームです。
月々1980円の会費で、「問題行動解決塾(理論編・症例編)」「動物幸福論-共生・福祉・倫理の観点から-」「パピークラス|ONLINE」「犬のしつけ&行動学なんでも相談ラジオ」他、各種WEBセミナーを受講することができます。
<開催方法>
ZOOM、YouTubeライブ
アクセス情報はメールや会員専用サイトでお伝えします。
<参加費>
・一般 1,980円(月額)
・保護団体・NPO 980円(月額)
※最大35日間の無料お試し期間があります。
<ご視聴方法>
ONELifeチャンネル申込フォームから会員登録をお願いいたします。
https://congrant.com/project/tomoiki/1521
<主催・問い合わせ先>
認定NPO法人 人と動物の共生センター
info@tomo-iki.jp
058-214-3442
担当:鈴木
【オンライン行動カウンセリングのご案内】
当院では、獣医行動診療科認定医らによる、オンライン行動カウンセリングを実施しております。人の危険があるなど、緊急の対応の必要がある場合は、ご相談ください。詳細はこちら

【預かりによる問題行動トレーニングのご案内】
家族に対する攻撃行動など、非常に危険で、人の安全確保が難しい例をはじめとして、飼い主では手に負えない場合には、獣医行動診療科認定医監修の元、長期預かりトレーニングを行っております。詳細はこちら