12/23(水) 21:00~22:00 問題行動解決塾-症例編
猫の行動学 猫のストレスと問題行動

 

猫はストレスに弱いと良く聞きますが、猫のストレスとは何でしょうか?

例えば、外に出られないストレスが上げられます。室内飼育が浸透してきましたが、保護猫の場合、外で生活した記憶から、外に出たがることも。でも、外に出してしまえば、感染症や交通事故の危険や、避妊去勢手術をしていなければ繁殖してしまうことも考えられます。室内にいる状態で、猫はストレスを感じないのでしょうか?あるいは、外に出たいという欲求をどのように満たすことができるでしょうか?

例えば、留守番が長いというストレスもあります。猫は散歩はいらない、猫は留守番ができる、猫は手がかからないといった、安易な認識から、留守番が長く十分に猫の相手ができないのにも関わらず、猫を迎えてしまう人もいます。では、どの程度、どのような関わりをすることが、猫のストレスを軽減し、充実した生活を送る上で必要なのでしょうか?

今回の問題行動解決塾‐症例編では、ストレスを原因として発症する、猫の常同障害について取り上げます。常同障害とは、無目的な行動を繰り返す心の病気です。常同障害には、織物を食べてしまうことを繰り返したり、自分の毛をなめ続けて脱毛してしまったり、自傷行為に発展する例もあります。

今回の勉強会では、執拗に身体を舐めてしまい、身体の左右の毛の脱毛が見られた猫に対し、環境エンリッチメントを中心に治療を行った症例ついて報告します。猫たちのストレスを軽減し、猫たちが幸せになれる、適正な飼育のポイントについて考えましょう。

ご視聴はこちらからお申し込みください。
https://congrant.com/project/tomoiki/1521

 

<シリーズタイトル>
問題行動解決塾・症例編

<シリーズ説明>
問題行動解決塾・症例編は、年間150症例新規相談が寄せられるぎふ動物行動クリニックでの、問題行動の臨床経験を元に、問題行動の診断・治療について学ぶ勉強会です。
鵜海獣医師、奥田獣医師、2名の行動診療科獣医師が、臨床に裏打ちされた専門的な知識をシェアします。

<講師>
鵜海敦士獣医師
・ぎふ動物行動クリニック

奥田順之獣医師
・獣医行動診療科認定医
・ぎふ動物行動クリニック院長
・鹿児島大学獣医学部講師(動物行動学)

<対象者>
・動物福祉・関係学を学びたい人
・動物に関わる職業についている人
・動物に関わるボランティア活動をしている人

<公開>
会員限定

<配信スケジュール>
毎月1回開催。
日時は決まり次第メール、SNS等でお伝えします。

<アーカイブ配信>
あり

ご視聴はこちらからお申し込みください。
https://congrant.com/project/tomoiki/1521

 

<概要>
ONELifeチャンネルは、犬のしつけ/動物行動/動物福祉などのテーマを気軽に学べる、会員制オンラインセミナー配信プラットフォームです。

月々1,980円の会費で、「問題行動解決塾(理論編・症例編)」「動物幸福論-共生・福祉・倫理の観点から-」「パピークラス|ONLINE」「犬のしつけ&行動学なんでも相談ラジオ」他、各種WEBセミナーを受講することができます。

実際の配信内容は、こちらからご確認ください(https://tomo-iki.jp/onelife-CH

録画配信あり、繰り返し視聴できます
動物に関わるプロ。ボランティアの方向け

<開催方法>
ZOOM、YouTubeライブ

アクセス情報はメールや会員専用サイトでお伝えします。

<参加費>
・一般 1,980円(月額)
・保護団体・NPO 980円(月額)

※最大35日間の無料お試し期間があります。

<申込方法>
ONELifeチャンネル申込フォームから会員登録をお願いいたします。
https://congrant.com/project/tomoiki/1521

 

<主催・問い合わせ先>
認定NPO法人 人と動物の共生センター
info@tomo-iki.jp
058-214-3442
担当:鈴木

【オンライン行動カウンセリングのご案内】
当院では、獣医行動診療科認定医らによる、オンライン行動カウンセリングを実施しております。人の危険があるなど、緊急の対応の必要がある場合は、ご相談ください。詳細はこちら

【預かりによる問題行動トレーニングのご案内】
家族に対する攻撃行動など、非常に危険で、人の安全確保が難しい例をはじめとして、飼い主では手に負えない場合には、獣医行動診療科認定医監修の元、長期預かりトレーニングを行っております。詳細はこちら