【常同障害】(じょうどう・しょうがい)

目的且つ反復的に、特定の行動を繰り返すことで、日常生活に支障をきたしたり、自傷行為に発展することで、動物自身の福祉を侵害したり、飼育者が看過できない問題に発展している状態。

犬では、唸りながら尻尾を追い時に出血するような自傷行為に発展することや、手をなめ続けて脱毛したり時に肉を咬みちぎってしまうこともあります。また、ハエを咬むような動作を繰り返すといった常同行動もあります。

※常同行動とは無目的で反復的な行動そのものを指し、常同障害とは常同行動によって動物福祉や飼育者の生活上の問題に発展している状態を指します。

問題行動解決塾・症例編は、年間150症例新規相談が寄せられるぎふ動物行動クリニックでの、問題行動の臨床経験を元に、問題行動の診断・治療について学ぶ勉強会です。

鵜海獣医師、奥田獣医師、2名の行動診療科獣医師が、臨床に裏打ちされた専門的な知識をシェアします。

今回は、常同障害の臨床をテーマに、実際にぎふ動物行動クリニックで診察した常同障害の症例の診断と治療についてお話します。

 

ONELifeチャンネル申込フォームはこちらから

https://congrant.com/project/tomoiki/1521

開催概要

日時

2020年11月4日 21:00~22:00

場所
  • ZOOMミーティング
  • YouTubeライブ

 

本セミナーのご視聴には、有料動画配信サービスONELifeチャンネルへのご登録が必要です。

 

※リアルタイムでご参加いただけない方のために、開催後2週間限定で動画配信サイト(vimeo)にて配信いたします。

概ねイベント開催の3日後に公開し、配信期間はイベント開催から2週間です。

 

講師

鵜海敦士獣医師

・ぎふ動物行動クリニック

奥田順之獣医師

・獣医行動診療科認定医

・ぎふ動物行動クリニック院長

・鹿児島大学獣医学部講師(動物行動学)

セミナーシリーズ「-問題行動解決塾-症例編」

アーカイブ配信中

2020年4月12日 怖がりの犬のための行動学 恐怖刺激に馴らすということの基礎基本

2020年5月10日 老犬の行動的ケアと犬の認知症の基礎基本

2020年6月13日 犬の攻撃行動への対応の基礎

2020年7月11日 行動学の基礎、学習の基本である二つの条件づけについて学ぼう!(古典的条件づけ編)

2020年8月8日 問題行動を治療するとは!? 獣医行動診療科を安心して活用するためのイロハ

2020年9月19日 攻撃と回避の学習 関係を再構築するための行動修正

2020年10月14日 優位劣位と問題行動の再考

 

※ONELifeチャンネル会員登録ですべて録画視聴可能です。

ONELifeチャンネル

ONELifeチャンネルでは「問題行動解決塾(理論編・症例編)」「動物幸福論-福祉、倫理、共生の視点から-」「パピークラスONLINE」「犬のしつけ&行動学なんでも相談ラジオ」他の配信を行っています。

ご登録はこちらから https://congrant.com/project/tomoiki/1521

無料お試し期間もございます。ぜひお気軽にご登録ください。

ライブ配信ご視聴希望の方は、前日24:00までにお申し込みください。それ以降のお申し込みでは、アクセス情報の送付が間に合わないことがありますのでご了承ください。ライブ配信がご覧になれない場合はアーカイブのご視聴も可能です。

問い合わせ先

認定NPO法人 人と動物の共生センター

058-214-3442

info@tomo-iki.jp

担当:鈴木

【オンライン行動カウンセリングのご案内】
当院では、獣医行動診療科認定医らによる、オンライン行動カウンセリングを実施しております。人の危険があるなど、緊急の対応の必要がある場合は、ご相談ください。詳細はこちら

【預かりによる問題行動トレーニングのご案内】
家族に対する攻撃行動など、非常に危険で、人の安全確保が難しい例をはじめとして、飼い主では手に負えない場合には、獣医行動診療科認定医監修の元、長期預かりトレーニングを行っております。詳細はこちら