噛む、吠える、引っ張るなど犬と人の間で起こる問題に取り組みます。飼い主が学ぶ犬のしつけ教室ONELife&ぎふ動物行動クリニック

ONELifeチャンネル

動物幸福論

【1/23開催】動物の気持ちを理解するための科学的手法[動物幸福論]

動物に心はあります。もちろんあります。笑ったり、喜んだり、悲しんだり、傷ついたり…。 私たちは、動物の心に寄り添いたいと思うけど、心は目に見えないから、動物たちが本当はどう感じているかわかりません。 むしろ、”わかってい …

【12/19開催】私たちの生、実験動物の死。生の質と死の意味について。

平成28年、日本全国で合計で4,246,291匹の実験動物が販売され、実験に使用されています。マウス 3,200,802匹を中心に、ラット・モルモット・ウサギ・イヌ・ネコ、サルなどが実験動物として用いられています。※3 …

【11/21開催】殺処分反対!だけど、肉は食べる。っていいの?‐動物利用の境界線‐動物幸福論file:07

「命は平等、命に区別なんてない、だから私は殺処分される犬猫を減らしたいんです。これから動物を飼うなら、保護犬猫を家族に迎えます。」 そう考えている方も、少しずつ増えてきています。 でも、同時に、 「うちの子には、長生きし …

【10/24開催】動物の操作と自発性-”その手法”は動物に望まれているのか?

動物の行動・心理を操作するもの 動物の行動は、内発的・外発的に動機づけられ、行動の結果によるフィードバックをもとにその頻度を増やしも減らしもします。 行動の結果として報酬を与えられることは、その行動を増やし、反対に行動に …

【10/3開催】エンリッチメントと行動評価-その介入は動物を幸せにしているのか?

【環境エンリッチメント】(かんきょうえんりっちめんと) 動物行動・心理学による知見や生態史をもとに、動物の生活環境を増強するための積極的な工夫である。環境を増強するとは、動物の行動学的な選択肢を増やし、種が持つ適切な行動 …

【8/22開催】数値で動物福祉は守れるのか?展示動物の事例から考える-動物幸福論file.04-

2019年6月に改正された動物愛護管理法。その目玉となる数値規制の議論が大詰めを迎えています。 今回の勉強会では、展示動物(動物園動物)で実際に用いられ、改善されてきた数値規制の事例を元に、どう活用され、なぜ改善されたの …

【7/18開催】人と動物の群れに序列はない…のか?‐生態学から考える、優位劣位と健全なリーダー論‐動物幸福論file:03

「犬は人との間に序列を作るんだ。だから人が犬の上に立たないといけないんだ」 犬のしつけにおいて、よく語られる文脈です。 オオカミが直線的な序列関係を作るという行動研究を、犬に当てはめて考え出された、犬と人の序列関係説。こ …

【6/20開催】生きるとは、死ぬとは。-安楽殺をめぐって-動物幸福論

  動物にとって「生きる」とは「死ぬ」とは、どのような意味があるのでしょうか。 動物の利用を肯定する立場をとる「動物福祉」では、生きている状態に注目し、より良い生を、動物に提供すべきと考えます。例えば疾患のある …

5月30日開催 動物を大切にするとはどういうことか?‐福祉、倫理、共生の視点から‐動物幸福論vol.01

動物の幸せって、何なんでしょうか? 動物を大切にするってどういうことなんでしょうか? 人と動物が共に暮らし、互いに幸せな関係を築くには、動物と向き合う、どんな認識が必要なんでしょうか? 元京都大学霊長類研究所准教授で、動 …

最近の投

柴犬しつけ&噛み癖研究所

犬の噛みグセ研究所

PAGETOP
Copyright © 飼い主が学ぶ犬のしつけ教室ONELife All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.