2018年度 BAWアカデミー ベーシック・コース

「BAW」は、Better Animal
Welfareの意味。よりよい情報とよりよいスキルを持つ人が増えることによって、日本の動物たちの生活の質は向上させることができると考えています。

The BAW Academy(バウ・アカデミー)は、よりよいアニマル・ケア、よりよいアニマル・トレーニングの提供を目指し、よりよい方法を探し続けている方のための、学びと同じ志を持つ方同士のコミュニケーションの場を提供しています。

BAWアカデミーの受講者は、アドバンスコースを含めて、4年間で、のべ約200名。お住まいの地域も、北は秋田から南は熊本まで様々、動物との関わりも、犬や猫の飼い主、保護活動ボランティア、保健所職員、ドッグトレーナー、キャットトレーナー、ペットシッター、トリマー、動物看護師、獣医師等と様々です。

どんな人にも改善の余地はあり、よりよい方法はそれを探し続けている人にしか見つけられません。BAWアカデミーでは、その方のそれまでの経験や肩書きではなく、大切に思う動物たちの生活向上させるために自分を改善しよう、自分を変えようとしているかどうかに注目します。

情報は、毎年アップデートされ、「今の海外のトレーナーと同レベルの知識と技術、最新の情報」を知ることができます。

このBAWアカデミー ベーシック・コースでは、動物種に関係なく応用できる行動変化の科学と戦略、行動介入に必要な倫理、実践的なティーチング・スキルを、月1回全8回の講義を通して、応用行動分析学(ABA)に基づく、エラー・レス(トライアル&サクセス)ラーニングを実現する建設的なアニマル・トレーニングの基本を総合的に学びます。

行動がなぜ存在し、どう変化するかについて知り、学習者の発見とレパートリーを拡大を手伝う教え手となり、動物にやらせるのではなく、動物にやりたいと思わせる、してほしい行動をその動物にとってしたいものにするトレーニング、行動介入の基本的な知識と技術を理解することを目指します。

実践的なマーカーと正の強化に基づくトレーニングの教え手としてのスキルの向上を目指す、オンライン・コーチングも別途用意しています。

2018年度のベーシック・コースは、東京クラス(日曜日)と、名古屋クラス(月曜日)を開催いたします。

こちらのイベントページは、名古屋クラスのものです。東京クラスは、講義内容以外の詳細が異なります。(東京クラス:BAW edu主催>

◆講義内容:
※内容は予告なく、変更される場合があります

Lecture 1. Enrichment & Empowerment エンリッチメントとエンパワーメント
キーワード:私たちの身近な動物たちが抱える福祉の問題、よいアニマル・ケアの4つの柱、トレーニングの第1の目的、エンリッチメント、エンパワーメント、NILF
vs. PILF、選択とコントロール、なぜ科学が動物の生活向上に必要なのか、動物の意見を聞くには

Lecture 2. Behavior Basics 1 行動のしくみ1
キーワード:ラベル、行動、環境、三項随伴性(行動のABC)、2つの学習のプロセス、感情と随伴、強化、弱化、強化子、弱化子、嫌悪刺激、反応クラス、強化スケジュール、消去、マッチング法則

Lecture 3. Behavior Basics 2 行動のしくみ2
キーワード:病理的アプローチ、建設的アプローチ(トレーニングプラン設計の基本)、刺激、刺激制御、トレーニング・行動介入に必要な倫理基準、リサージェンス、クリエイティビティ

Lecture 4. Observation Skills オブザーベーション・スキル
キーワード:行動観察、ABC分析(FA)、犬のストレス・シグナル(エソグラム)、攻撃へのはしご

Lecture 5. Behavior Problem 行動問題に対処する
キーワード:ID(行動介入設計)、操作化、行動変化のしくみに基づく様々な戦略

Lecture 6. Teaching Skill 1 マーカーと正の強化に基づくトレーニングとメンテナンス ※クリッカー付き
キーワード:クリッカートレーニング、マーカー、教え手の役割、ルアーイング、プロンプティング、ターゲティング、シェーピング、チェーニング、ルーピートレーニング、より消去(オペラント)の少ない強化の頻度を低下させないキューの確立方法、

Lecture 7. Teaching Skill 2 先行事象のアレンジとシェーピング
キーワード:先行事象、MO、Setting Event、SD、反応クラス(トポグラフィ)、Delivery of
Reinforcement、シェーピングの原理、マイクロシェーピング、いいシェーパーは消去のバーストを利用しない

Lecture 8. Teaching Skill 3 犬がミスをしてしまったときにどうすべきか?
キーワード:マッチング法則、行動モメンタム、毒入りのキュー、LRS、Differential Outcome Effect

◆開催場所:さかえビル6階会議室A室(6月のみ) 名古屋駅徒歩7分
ウインク愛知(5月、7月~12月)

◆開催日・時間:第一月曜日 10時半~15時半
(5月7日、6月4日、7月2日、8月6日、9月3日
10月1日、11月5日、12月3日、1月7日(予備日))

◆講師:
齋藤美紀, CPDT-KA
https://www.facebook.com/mikisaitocpdtka/
http://markandreward.com/about

◆定員:
25名

◆受講料(全8回):80,000円(税別)/8回 (一括・事前支払い)

◆お支払方法:
銀行振込

◆お申込み要件:
– 中学生以上であること
– Facebookのアカウントを持っていて、指定のグループへの参加、投稿ができること
– ご受講にあたってのお願いおよび注意事項http://tomo-iki.jp/info/3814を読み、すべての事項にご同意いただいていること

◆お申込み方法:申し込みフォームより受付
https://docs.google.com/forms/d/1EYuTYFfBSz0kCnywMXZQDBGSFAZqtqGNQq6bMVtWHMw/edit

◆お問い合わせ:人と動物の共生センター(ONELife内)