飼い主が学ぶ犬のしつけ教室|岐阜&一宮近郊のワンちゃん集まれ!
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 柴犬しつけ&噛み癖研究所

柴犬しつけ&噛み癖研究所

しつけの基本=マテで脳の筋トレをしよう!

抑制と解放の組み合わせで、脳の筋肉を鍛えよう! マテは生活の中でも特に良く使う項目です。例えば、散歩に行く時に玄関でマテさせてから出かけたり、人に飛びつかないように制止したり、足を拭くときに使ったりします。トレーニングや …

犬と一緒に歩くためのしつけ『楽しい飼い主さんになろう!』

犬と一緒に歩くためには 「散歩で上手に歩くのが憧れなんです」という飼い主さんも多いはず。でも、「ウチの子は、引っ張るからツイテ歩くことが難しくて」と感じている方も同じだけ多いと思います。犬が引っ張るからツイテ歩けないと思 …

しつけの基本=クレートトレーニング

犬との生活においてクレート(ハウス)入れないことはいろんな場面において犬にも飼い主さんにも困った事態になってしまいます。クレートに安心して入れるようになるだけで多くの問題を改善することが出来ると言えます。ハウストレーニン …

しつけの前にハウスリードで安全確保を(柴犬のしつけの対応法)

攻撃行動の場合、しつけを始める前に飼い主さんの安全を確保する必要があります。 噛まれながらしつけるなんてことはできないわけです。 もちろん、しつけの前に、正確な診断が必要なわけですので、その行動がなぜ起こっているのか、診 …

食餌関連性攻撃行動

ご相談の主旨 食餌前後の家族への攻撃行動に問題を感じ、ご相談いただきました。 本日お知らせいただいた内容(行動の経歴) Kちゃんは7歳の柴犬の男の子で、ペットショップさんから1ヶ月半の頃に迎えました。小さな頃から咬みつき …

しつけの前に環境の改善(柴犬研究所)

柴犬の問題行動の改善のためには『しつけ』の前に『診断!』が必要なのは別の回に述べました。 けれども、診断で身体に異常がなかったとしても、いきなり『しつけ』をしましょうとはなりません。 というのも、しつけ=犬を訓練したり、 …

ジアゼパム~行動の治療で使用される薬剤~

ジアゼパムは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬と呼ばれる薬で、不安を和らげる作用と同時に、脳全体の活性を落とす作用があります。体重1キロ当たり1回0.5~2㎎を1日に2回~4回飲ませます。 ジアゼパムは、脳のGABA受容体(チ …

フルオキセチン~行動の治療で使用される薬剤~

問題行動の治療でよく使用されるフルオキセチンについての紹介です。 塩酸フルオキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬と言われる抗うつ剤で、脳内のセロトニンの有効活用を促し、崩れたホルモンのバランスを整えるお薬です。体 …

柴犬の噛み癖は”しつけ”の問題ではなく”脳”の問題!?

柴犬は、咬む・攻撃行動の最も発生しやすい犬種です。 咬みつく柴犬を飼われている飼い主さんは 『育て方が悪かった』・『しつけられない飼い主のせい』 などの指摘をされることもあるかと思います。 「柴犬のしつけ」でいろいろ調べ …

柴犬がしっぽ(尻尾)を噛む【常同障害の治療法】

柴犬の問題行動の相談で良く有る症状の一つが、しっぽを追う、しっぽを噛む、しっぽを噛みちぎるというものです。これは常同障害と呼ばれる行動の疾患であることが多くあり、薬物療法を中心とした獣医学的な治療が必要になります。 しっ …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © ONE Life~犬のしつけ教室&雑貨屋~ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.