飼い主が学ぶ犬のしつけ教室|岐阜&一宮近郊のワンちゃん集まれ!
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 柴犬しつけ&噛み癖研究所

柴犬しつけ&噛み癖研究所

動物行動クリニック(行動診療)を受診すべき7つの理由

強度の問題行動においては、まずは行動学を専門にする獣医師に相談すべきです。もちろん、特に身体的な異常が疑われなかったり、飼い主さん自身への危険度が低い場合、動物の福祉状態が損なわれない場合はその限りではありません。しかし …

薬物療法って怖いんだけど・・・?

薬物療法って怖い? 薬物療法と聞くと・・・ 「薬づけにされるのでは・・・」 「副作用で人格(犬格)が変わるのでは・・・」 と、心配になるもの。特に行動診療で使う薬は向精神薬ですから、なおさらですよね。 それが愛犬を大切に …

お近くで行動診療をやっている獣医さんの探し方

相談できる専門家を探すには? 出血を伴い犬歯が刺さる程度の咬みつきでは、半数以上の症例で薬物療法の適応になります。何が原因で発生しているかによって対応は異なり、食餌を守る場合は、守らせないようにする行動修正法を行ったり、 …

犬が噛む理由とは?

犬は必要があって噛んでいる ウチの犬はなぜ噛むのか?と疑問に思う方も多いと思います。意味もなく噛んでくるんです、突然噛んでくるですと言われる飼い主さんも多くいます。しかし、ほとんどの場合、犬は何かしらの理由があって噛んで …

柴犬が噛む理由まとめ【柴犬噛み癖研究所】

柴犬が噛む理由、子犬の噛みつき(いわゆる遊び噛み)ではなく、成犬の噛む理由をまとめてみました。 噛む柴犬の飼い主さんは、愛犬や自分の接し方であてはまる項目があるかどうかチェックしてみてください。 そもそも、犬が噛む理由は …

犬の認知症、高齢性認知機能不全(犬の痴呆)とは?【柴犬しつけ&噛み癖研究所】

柴犬や日本犬では、高齢性認知機能不全(犬の痴呆・認知症)の発生確率が高く、動物エムイーリサーチセンターの調べでは、高齢性認知機能不全発生頭数の48%が日本犬系雑種、34%が柴犬であったと報告されています。動物の医療が発達 …

家庭の犬達は、動物福祉の5つの自由が守られているのか?

動物福祉という言葉、聞いたことある方も多いと思います。 実は、動物福祉と問題行動は大いに関係しているのです。 柴犬しつけ&噛み癖研究所 こちらの記事で紹介している通り、問題行動の発生プロセスは、1.先天的要因・後天的要因 …

噛みつきに対して、体罰的なしつけが否定される理由

『柴犬 しつけ』と検索すると多くのサイトが出てきます。 (当方も現在10番目くらいに出てくるわけですが…) 柴犬のしつけ方として、よく体罰的な方法が紹介されていたりします。 もちろん、しっかり読んでみると推奨しているわけ …

犬のニーズを満たして、信頼される飼い主になろう!

しつけを行う前に、重要な事の一つが犬のニーズを満たすことです。犬は元々活動的な動物ですが、現在の日本の生活では、運動不足や虚休不満になりがちです。留守番が長かったり、飼い主さんが犬との遊び方を知らなかったりします。その結 …

しつけのコツは、言葉だけに頼りすぎないこと!

言葉(コマンド)ではなく、ルアーとハンドサインで行動を教えよう! 皆さんは、愛犬にどれくらい話しかけていますか?犬たちは、人の言葉を200個くらいは認識できると言われています。しかし、犬にとって日本語は、私たちにとっての …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © ONE Life~犬のしつけ教室&雑貨屋~ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.