ぎふ動物行動クリニック | ONELife~犬のしつけ教室&雑貨屋~ 

ONELife

ぎふ動物行動クリニック

ぎふ動物行動クリニック

clinic

犬の問題行動の改善・治療を行っています

ぎふ動物行動クリニックとは?

ぎふ動物行動クリニックは、犬猫の問題行動の改善・治療を行う専門の動物病院です。問題行動の相談と治療を行っております。

【治療対象の例】
咬むなどの攻撃行動
過剰な興奮
吠える問題(過剰咆哮)
留守番ができないなどの分離不安
花火や雷などの恐怖症
尻尾を追う・手足を舐める・毛をかじる・自傷行為などの常同障害
高齢性認知機能不全(痴呆)

動物の問題行動は、飼い主さんとの関係の不和、持続的なストレス、幼少期の経験や社会化不足、遺伝、身体の疾患など様々な要因から発生しています。『飼い主さんとの上下関係ができていないから言うことを聞かない、咬むんだ。上下関係をわからせなきゃいかん。』と言う説を耳にすることもあるかと思いますが、間違った解釈です。正しい認識に立って関係を作ることが大切です。

なぜ、動物たちが問題行動を起こすのか、きちんと原因を明らかにし、環境・接し方・精神的刺激・トレーニングなどの改善を行い、生活全般のストレスケアをしていくことが、問題改善には必要不可欠です。犬猫の問題行動にお悩みの方は、当院のカウンセリングをご利用ください。

カウンセリング・治療・改善の流れ

ご予約・問診票の記入

まずは、お電話やメールにてカウンセリングをご予約ください。事前の問診票をお送りいたします。問診票に現在の問題行動の状況や既往歴などを記入いただき、カウンセリング当日にお持ちいただきます。

カウンセリング

カウンセリングでは、これまでの問題行動の履歴や既往歴をお伺いし、診断とコンサルテーションを行います。

①問題行動の状況の聞き取り

まずは、問題行動の状況をお伺いし、どのようなタイミングでどの程度の問題行動が発生しているかお話をお伺いします。診察室や屋外で問題行動の状況が観察できる場合は観察させていただきます。家で発生している問題行動の場合は、ビデオに撮影してきていただけると助かります。

②問題行動の診断

それぞれの問題行動がなぜ発生しているか原因を探ります。合わせて身体検査等を行い、身体疾患の可能性を検討します。飼い主様には、なぜ問題行動が発生しているのかの原因についてお話します。

③問題行動改善に向けたコンサルテーション

問題行動改善に向けた、生活習慣の改善や、トレーニング法などをお話いたします。ゲージの位置を変えたり、犬と接する方法を少し変えるだけでも、問題が大きく変化することがあります。今日からできること、一般の飼い主様にも実行しやすい方法、それぞれのご家庭に合った方法を一緒に考えてご提案します。

④薬物療法・外科療法等の検討

一部、深刻な問題行動の場合は、薬物療法や外科療法(避妊去勢手術・抜歯手術等)を推奨する場合もあります。飼い主様の希望をお伺いしつつ、適切な方法を選択できるように情報提供させていただきます。外科療法についてはかかりつけ動物病院の先生と連携して行っていきます。

フォローアップ

カウンセリング後、2週間~4週間に一度フォローアップの時間を取らせていただいています。

フォローアップでは、問題行動の改善の状況や変化をお聞かせいただき、コンサルテーションを行っていきます。一つの方法だけがうまくいくとは限りませんので、いろいろな方法を試す必要があるかもしれません。また、薬物療法を行っている場合には、症状に合わせた処方の調節を行っていきます。

症例の紹介

問題行動の症例を抜粋して紹介します。