噛む、吠える、引っ張るなど犬と人の間で起こる問題に取り組みます。飼い主が学ぶ犬のしつけ教室ONELife&ぎふ動物行動クリニック
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 症例報告|ぎふ動物行動クリニック

症例報告|ぎふ動物行動クリニック

犬が自分のしっぽ(尻尾)を噛む【常同障害の治療法】|獣医行動診療科認定医が解説

犬の問題行動の相談で良く有る症状の一つが、しっぽを追う、しっぽを噛む、しっぽを噛みちぎるというものです。特に柴犬んに多く発生します。 これは常同障害と呼ばれる行動の疾患であることが多くあり、薬物療法を中心とした獣医学的な …

犬用ガムや、価値の高い食事・餌を守って唸る・噛む

犬用ガムや、価値の高い食事・餌を守って唸る・噛むという相談症例について、ご紹介いたします。 ご相談の主旨 ガムを守る行動と、家の中で自由にすると家族に対して咬むことに問題を感じご相談いただきました。 行動の経歴 基本の情 …

犬の恐怖症(音恐怖症/雷・風雨恐怖症)

犬の恐怖症は、大きな音、花火、雷、激しい風雨などといった、特定の刺激に対して逃避行動、不安行動、震え、流涎などを生じる状態のことを指します。知らない人に対する恐怖症、屋外に出ることに対する恐怖症など、恐怖の対象はそれぞれ …

散歩中に尻尾を気にして回る、散歩に行けない

ご相談の主旨 尻尾を追うことに問題を感じご相談いただきました。 本日お知らせいただいた内容(行動の経歴) Bちゃんは10歳の柴犬の男の子で、ペットショップさんから2カ月の頃に迎えたとのことでした。 問題は、散歩中に尻尾を …

犬の分離不安(留守番できない)

犬の分離不安とは? 分離不安とは犬がもっとも愛着を感じている人あるいは家族の人間と離れた際に認められる苦痛を伴ったストレス反応です。破壊行動、自傷行為、逃避行動、過度の鳴き声、不適切な場所での排泄、過度のよだれ、パンティ …

犬の認知症、高齢性認知機能不全(犬の痴呆)とは?

柴犬や日本犬では、高齢性認知機能不全(犬の痴呆・認知症)の発生確率が高く、動物エムイーリサーチセンターの調べでは、高齢性認知機能不全発生頭数の48%が日本犬系雑種、34%が柴犬であったと報告されています。動物の医療が発達 …

食餌関連性攻撃行動

ご相談の主旨 食餌前後の家族への攻撃行動に問題を感じ、ご相談いただきました。 本日お知らせいただいた内容(行動の経歴) Kちゃんは7歳の柴犬の男の子で、ペットショップさんから1ヶ月半の頃に迎えました。小さな頃から咬みつき …

フードボウル・帰宅時・サークルの扉を閉める時に噛む

ご相談の主旨 家族に対して咬みつく行動について問題を感じ、ご相談いただきました。 本日お知らせいただいた内容(行動の経歴) 問題は、家族への攻撃行動で、家族が帰宅した際に、ただいまと言うと飛びかかってくるので触ろうとする …

夜中に突然吠える|獣医行動診療科認定医が解説

夜中に吠える原因 犬が夜中に吠える原因は複数考えられます。主な原因は以下のようなものです。 直接的な原因 物音・虫・野生動物への反応 夜間は音があまりしませんので、小さな音にも反応しやすくなる傾向があります。物音・虫・野 …

抱っこできない、寝ている犬に近づくと唸る

ご相談の主旨 家族に対する咬みつきに問題を感じ、ご相談いいただきました。 本日お知らせいただいた内容(行動の経歴) Fちゃんは、3才の柴犬の男の子で、3ヶ月の頃にペットショップさんから迎えました。幼いころから甘噛みはあり …

1 2 »

柴犬しつけ&噛み癖研究所

PAGETOP
Copyright © 飼い主が学ぶ犬のしつけ教室ONELife All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.