皆さん、こんにちは。

問題行動の改善指導を担当している家庭犬トレーナー&ドッグ行動カウンセラーの田中利幸です。
気温変動の激しい毎日ですが、飼い主さんも犬たちも体調管理に気を付けてお過ごしください。

家庭犬の飼い主さんと犬との暮らしのサポートをする専門家として20年弱経ちました。
イギリス式をベースに行っていますが、その時々によって問題の原因も改善方法も変化してきています。最近、過去にあまりなかった状況に直面しています。

それはキレる(気に入らないことをされると咬む、暴れる、唸る、人や犬に吠え襲い掛かる)犬が増加してきており、色々な情報から混乱し、飼い主さんだけではなく、犬たちも理解できずに悩むケースが増えてきております。

現場では学問や教科書にはない問題が発生します。
そこには、実際に助けが必要な方と犬が来ます。

多くの方はわかっているけど自信がない、不安、かわいそう、心配という状態でお越しになります。
犬をどう直すか?ここに意識がいってしまいますが、実際は犬ではなく、その犬の行動や性格、気質、心などが育った環境や飼い主さんとの関わりを変化させなくてはいけません。
しかし、多くの場合、犬の行動を変えるには?とか、犬の状況は?と犬にばかり意識をむけてしまいます。
実はそれだけではなく、私たちの人間側の状態の把握や原因となる自分自身の意識、考え方の癖などに意識をむけることが大切なのです。

この親にこの子ありという言葉もありますが、その逆のこの子にこの親ありも考えないといけません。どちらがいいとか、悪いのではなくどうしたらお互いが普通に自由意思で共に暮らしていけるか?ここが大切だと思います。

犬にだけ我慢や力を育てたり、教育したり、学習させたりばかりではいくら犬に優しい方法でも解決にはいたりません。
「過保護」「過干渉」、ストレス排除嫌なことをさけて何でも犬の要求にこたえてしまう飼い主さんの行動や気持ちの変化を促さないかぎり、犬を優しい方法で学習させても飼い主さんと犬の暮らしには何の解決にもなりません。
それぞれの飼い主さんと犬との歴史を聞いて、知ることによって、犬だけではなく、飼い主さんと犬にとって何が必要で、何がそうさせているか?をしっかりと理解した上で、双方アプロ―チをしていかないといけません。

最近は、こうした相互のアプローチができる専門家が少なくなってきて、むしろ犬に優しいという方法を伝え、犬を学習させて満足してしまう専門家の自己満足に終わるケースを飼い主さんからよく言われるようになり、私も日々自分を戒しながら向き合わせて頂いています。

犬の学習+飼い主さんの学習の相互教育を共育とも言いますが、互いがフェアに暮らせる社会を目指して、飼い主さんにしつけ方とトレーニング法を指導していき、犬も飼い主さんからしてはいけないことと、していいことをはっきりと一貫性を持って教えてもらえれば、相互でルールを理解し、叱られることなく自由意思で暮らせる共生の確立が可能です。